活動報告

ホーム ≫ 活動報告 ≫ 

第1回在宅・緩和医療を開催しました

第1回在宅・緩和医療を開催しました

 

平成28年度にコース申請し採択された、インテンシブ総合診療医(GP)養成コース
インテンシブ多職種連携・スキルアップコースの1つとして在宅・緩和医療コースを開催しました。

第1回目は講師に岡山大学大学院保健学研究科 看護分野 教授/岡山大学病院 緩和支持医療科長の松岡順治先生を講師に迎え開催しました。

日時:2016年7月11日(月)18:00~19:00
こちらの講義は、会場を岡山大学と新見公立大学に置き、遠隔講義で行ないました。
参加者:46名(岡山会場9名、新見会場37名)でした。

ページトップへ