お知らせ

ホーム ≫ お知らせ ≫ 

「質的研究とSCATのセミナー・ワークショップ」開催します

「質的研究とSCATのセミナー・ワークショップ」開催します

 

質的研究とSCATのセミナー・ワークショップ開催のご案内です。
講師に名古屋大学 大学院教育発達科学研究科 教授 大谷 尚先生をお招きし、開催致します。

医学教育研究において質的研究は量的研究とともに研究手法の両輪をなすものですが、近年、臨床研究の実施にあたっても質的研究に対して関心が高まってきています。
本ワークショップでは、医学教育研究・臨床研究における質的研究の位置づけや量的研究との相違などについて概説した後、大谷先生が開発し国際誌の論文7 本と博士学位論文15 本を含む400 以上の研究で用いられているSCAT( Steps for Coding and Theorization) の手法を用いて、実際に質的データの分析に取り組みます。質的研究の全体像を俯瞰し、分析を体験します。

日 時:2017年7月15日(土)9:00~17:00
     2017年7月16日(土)9:00~17:00 の2日間コース
場 所:岡山大学鹿田キャンパスMUSCATCUBE1階
対 象:質的研究を学びたい医療従事者(保健福祉分野も含む)
定 員:20名(先着順)
参加条件:完全に2日間を通して参加が可能な方
*学部学生で参加を希望される方は担当者へご相談ください。
*岡山大学関係者を優先します。それ以外の方は定員に満たない場合にご相談の上、参加受付します。

お申込方法:6月30日(金)必着で事前に下記URLからお申込をお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/db7c90d7513527

ページトップへ