お知らせ

ホーム ≫ お知らせ ≫ 

「地域について学ぶ実践型ゼミ」のフィールドワーク参加者募集

「地域について学ぶ実践型ゼミ」のフィールドワーク参加者募集

 

岡山大学鹿田キャンパス「地域について学ぶ実践型ゼミ(以下地域ゼミ)」のフィールドワーク参加者を募集します。

将来、地域にでて働いてみたいと思っているけれど、「地域」といわれてもあまりピンとこない。「限界集落」「高齢化」「過疎化」といった言葉をよく耳にするけれど現状ってどうなっているのか。
そこで暮らしている人々は現状についてどう考えているのか。
大学で学んだ専門知識を生かすフィールドである「地域」について学んだり考えたりする機会を得ることは普通の大学生活では難しいのではないでしょうか。
上記のような疑問・関心をもっているという方がいましたらぜひ以下の文章をご一読ください!

【地域ゼミとは】
本ゼミでは『地域の人々の“生きる”に寄り沿える人材を育成する。』をスローガンに掲げ、これを達成するために次の3つの力を伸ばすことを目的として活動を行っています。
聞く力:地域の方々から情報を引き出せる。
理解する力:地域に関わる様々なこと(地域の成り立ち、行政、医療など)を知っていて、
聞いた話をその背景から深く理解できる。
行動する力:地域の課題ややりたいことを自分たちで見つけ行動できる。
具体的には、①月に1回の文献を用いた文献学習と②岡山県新見市哲西町をフィールドとした分科会活動という2本柱で活動しています。
また、このゼミの特徴として次のような点があります。
・学生主体で行っている。
・実際の地域を相手に活動するため、挑戦できることの幅が広い。
・大学、学部学科問わず大学生であれば参加可能。
(昨年度は教育学部、法学部、環境学部、医学部、川崎医療福祉大学の学生が参加していました。)
詳しい活動が気になる方はFBに活動を報告していますのでそちらをご確認ください。
⇒URL:https://www.facebook.com/tiikizemi/?fref=ts

さて、今回皆さんにご連絡したのは、②分科会活動の一環で行っているフィールドワーク(以下FW)の告知のためです。以下に詳細をお示ししますので、興味、関心のある方は参加不参加問わずまず代表の泉原までご一報ください。
※FWは分科会活動の一環ではありますが、地域ゼミへの本格的に参加するかどうかはFW参加後に考えていただければと思っています。

【フィールドワーク詳細】
日 時:9月2,3日(1泊2日 1日だけの参加も可能です)
場 所:新見市哲西町
対 象:大学生(大学、学部学科問いません)
予 算:7,000円 (交通費・宿泊代込み)
内 容:上記の地域ゼミの目的が達成できるよう準備を進めています。
1日目:哲西町の現状(医療、行政)のお話を聞く
     聞いたことを基にディスカッションを行う
2日目:実際に地区踏査をし、町の人々の話をきく。
募集締め切り:7月23日(日)
窓口:岡山大学医学部医学科5年 泉原 康平(me425010@s.okayama-u.ac.jp)

ページトップへ