Real Voice

ホーム ≫ Real Voice ≫ 

長崎大学開催 学生交流会に参加して

NO.39

長崎大学開催 学生交流会に参加して

平成28年度 岡山大学医学部医学科2年 水野悠己 さん

 

2017129日 長崎大学で開催されました学生交流会に参加させていただきました。この学生交流会では、長崎大学のたまごの会、大阪大学の大阪どまんなか、そして岡山大学からは地域について学ぶ実践型ゼミから5名が参加し、総勢約20名、先生方を含めると30名以上が参加した会となりました。


 この会の大きな目的は、学生同士の交流であり、前半は各大学から活動紹介が行われました。たまごの会は、多職種のたまごが、勉強会を中心に知識を教え学びあうことで多職種連携を目指しており、大阪どまんなかは著名な先生方を講師としてお招きし臨床推論などを行っています。両団体とも非常に練られた特徴的な活動を実施されており、大変興味深く発表を聞かせていただきました。両団体はそれぞれ2年目、3年目の活動団体であり、我々地域ゼミは1年目ということで、活動を継続するためのヒントがもらえたような気がしています。また、地域ゼミの発表に対する先生方のコメントから、我々が行っている活動は時代のニーズに合致した活動であることを再確認することができる会となりました。


後半は3つのグループに分かれてワークショップが開催されました。このワークショップでは、縦のつながりと横のつながりをつなげるにはどうすればよいかについてディスカッションしました。つながりを結ぶために食を利用するなど様々な手段が発表され、活動を実施していく上でのつながりの重要性と様々なところにつながりの可能性があることを学ぶことができました。


私は今回の会に参加するにあたり3つの目的を持っていました。1つ目は、学生同士のつながりを作ること、2つ目は地域ゼミの今後の活動に生かすことができる情報を得ること、3つ目は自分自身の視野を広げることです。活動報告会、ワークショップ、また学生同士での交流を通して、これらすべての目的につなげることができ、大変貴重な経験となりました。


 最後に、参加に関しましてサポートしていただきましたGIMセンターの皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

ページトップへ