Real Voice

ホーム ≫ Real Voice ≫ 

長崎大学での学生交流会での出会いに感謝

NO.41

長崎大学での学生交流会での出会いに感謝

平成28年度 岡山大学医学部保健学科看護4年 田野智子さん

 

2017129日長崎大学にて開催されました「たまごの会(長崎大学)、大阪どまんなか(大阪大学)、地域について学ぶ実践型ゼミ(岡山大学)意見交流会」に参加させていただきました。まず各団体での活動内容プレゼンが行われ、その後グループに分かれて「多職種連携、医療者・学生連携の重要性」でのワークショップが行われました。


各団体での活動紹介では「たまごの会」は多職種連携をはかり、地域包括ケアを支え合う存在になることを目指し医療福祉の多様な学生で活動されています。「大阪どまんなか」は総合診療勉強会としてこれまで学生参加総計1000人を超す勉強会を開催されています。どちらの団体も学生だけではなく、実際に医療福祉の現場に出られている方々を講演会にお招きすることで、より実践的な興味深い勉強会をされています。両団体とも学生がやりたいことをそれぞれの方法で実践されていて、とても刺激のある一日を過ごすことができました。また、今後も互いの活動で交流する機会を持てればとお話することができ、私が所属する地域ゼミでも今後の活動に向けて良い出会いをもつことができました。


その後の「多職種連携、医療者・学生連携の重要性」でのワークショップでは職種だけではなく医療者や学生、様々な立場での関わりをもつうえで、「Win-Winの関係」を築くことが大切であり、そのための手段のアイデアや意見を出し合いました。自分たちがもっと関わりたいと思う人が多くいることに気づき、そしてその目的を明確にすることで互いに関わりを持つことによる利益を生み出すことができると感じました。


会の参加により多くの素晴らしい方々とお会いすることができ、今後も出会いの感謝を忘れずに関係を維持していきたいと強く感じました。


今回の参加にあたり、支援していただきましたGIMセンターの方々には心より感謝いたします。ありがとうございました。

ページトップへ