Real Voice

ホーム ≫ Real Voice ≫ 

ハワイ研修レポート

NO.79

ハワイ研修レポート

平成29年度 岡山大学病院研修医1年 大谷 安奈先生

 
2018年2月20、21日の2日間、ハワイ大学SimTikiシミュレーションセンターにて、シミュレーション教育を受ける機会をいただきました。
 まずはアメリカの医学部やレジデンシープログラムの現状、日本との相違点についての説明を受けました。また、アメリカの本土の病院で勤務されている日本人医師、Dr.Takiのお話を聞く貴重な時間も設けていただきました。中でも印象深かったのがアメリカの初期研修医の1日の過ごし方です。1日の始まりが早朝4時と非常に早く、その分患者さんの病状把握、カンファレンスの準備などに時間を費やし、努力を惜しまない姿勢に衝撃を受けました。さらに、チーフレジデントという体制をとっていたり、日本よりも指導者になって教育することへ重点を置いている印象を受けました。
 2日間を通して様々なシミュレーションを体験しましたが、中でも全員参加型のチームワークを重視した2日目のセッションが印象深かったです。すべてビデオで撮影されていたので、自分たちの動きを客観視することができ、改善すべき点や改善された点などが明らかに目に見えてわかりました。役割分担がきちんとできていると、効率よく動くことができ、結果的に患者さんの救命へと繋がるということを再認識しました。
 シミュレーション教育で学ぶことは多く、アメリカでなぜ積極的に取り入れられているのかが理解できました。今回の貴重な経験を実臨床へ生かし、これからも患者さんの力になれるよう尽力していきたいです。

一覧へ戻る

ページトップへ