プログラム・コース紹介

ホーム ≫ 

プログラム・コース紹介

※Mは医学科○年、PGYは卒後○年

地域総合診療実習コース 医学生(1~6年次)

対象者 医学生(1~6年次)
修業年限(期間) 卒前6年間
養成すべき人物像 医学部教育において、専門性・総合性とその統合の重要性を理解し、多彩な疾患そして多様な医療ニーズに対応できる臨床力を備えた総合診療医の基礎を学び、地域の保健・医療ニーズへの課題解決のために必要となるリサーチマインドを備えた医師を養成する。
履修科目等 <必修科目>3年次地域医療体験実習(2単位)、5年次クリニカル クラークシップ地域医療(1単位)、クリニカル グラークシップ総合内科(2単位)<選択科目>1年次早期地域医療体験実習(2単位)、6年次クリニカル クラークシッププライマリ・ケア/総合内科応用(4単位)。2年次済生丸離島合同実習、4年次離島実習)、5年次緩和医療実習については新規に単位設定予定。

岡山大学総合診療医(GP)養成コース

GP後期研修プログラム(内科・家庭医療)

岡山県全域を5つのエリアに分け、教育リソースの多いエリアと地域密着型研修ができるエリアをバランスよく組み合わせることで、岡山県全域で良質な総合内科後後期研修と家庭医療後後期研修を提供する新しいプログラムです。

都市型GP研修 ・・・ ①県南東部エリア ②県南西部エリア
中山間型GP研修・・・ ③県北東部エリア ④県北中央部エリア ⑤県北西部エリア

各エリアの研修の特徴は以下のとおりです。

① ② :
都市型地域での研修(家庭医療研修、県南部教育病院での総合診療・内科・小児科・救急研修と選択研修として認知症研修、在宅専門クリニック研修、緩和ケア研修)
③④⑤:
中山間部地域での研修(家庭医療研修、総合診療・リハビリ研修、県北部中核病院での内科・小児科・救急研修)
内科プログラム

プログラム責任者:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科総合内科学 教授 大塚文男
地域連携担当:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療人材育成講座 教授 片岡仁美
定員:5名 プログラム期間:3年間

目標

総合的・包括的な高い内科診療能力を持ち・EBMを実践し・全人的で患者中心の医療を提供できる総合内科医を養成します。

特徴

県南東部エリアでは岡山大学病院総合内科、岡山市立市民病院総合内科を総合内科診療研修の拠点とし、岡山大学病院総合内科では、初診外来及び病棟での診療を担当することで外来診療と入院患者のマネジメントを包括的に学びます。同科では臓器横断的分野として特に感染症と臨床推論に力点を置いた教育を行い、岡山市立市民病院ではER型救急とも連動した総合内科診療を実践します。また県南東部エリアのほか、全てのエリアで特徴のある研修が履修可能であり、個々の希望に応じたオーダーメイドの研修を組み立てることができます。さらに、e-ポートフォリオを使った研修進捗管理やシミュレーション教育を駆使したスキルトーニングなど多彩な研修内容となっています。

研修施設

① 岡山大学病院
② 岡山市立市民病院
③ 津山中央病院
④ 金田病院
⑤ 高梁中央病院

2016年1月現在

家庭医療プログラム家庭医療専門医の後期研修パンフレットのダウンロードはこちらから

プログラム責任者:社会医療法人清風会 岡山家庭医療センター 奈義ファミリークリニック 院長 松下 明
定員:6名 プログラム期間:3年間 ≫資料はコチラ

目標

患者中心の医療・家族志向のケア・地域包括医療を実践し、年齢・性別に関わらず多くの健康問題に取り組み、包括的で継続的なプライマリ・ケアを効率よく提供できる家庭医を養成します。

特徴

上記の概念を統合する生物・心理・社会(Bio-Psycho-Social)モデルを重視した研修を行います。生物医学の修得と心理・社会的な医療の習得を、地域の病診連携の枠組みにおいて、同時進行で行います。
岡山県南部と岡山県北部の医療機関の特徴を生かしながら、医師や教育資源の少ない、④岡山県北中央部・⑤岡山県北西部を重点的に指導医のサポートを行い、後期研修の主軸(必須期間)に置くことで、地域のニーズを満たしつつ、充実した研修が行えるような工夫を行います。

研修施設

岡山県
  • ①奈義ファミリークリニック
  • ②津山ファミリークリニック
  • ③湯郷ファミリークリニック
  • ④日本原病院
  • ⑤津山中央病院
  • ⑥大原病院
  • ⑦鏡野町国民健康保険病院
  • ⑧金田病院
  • ⑨真庭市国民健康保険湯原温泉病院
  • ⑩勝山病院
  • ⑪哲西町診療所
  • ⑫成羽病院
  • ⑬高梁中央病院
  • ⑭渡辺病院
  • ⑮倉敷中央病院
  • ⑯水島中央病院
  • ⑰安田内科医院
  • ⑱佐藤医院
  • ⑲片岡内科医院
  • ⑳岡山大学病院
  • ㉑岡山市立市民病院
  • ㉒岡山済生会総合病院
  • ㉓かとう内科並木通り診療所
  • ㉔岡山紀念病院

鳥取県
㉕鳥取市民病院

※⑩, ⑯,㉔,㉕は平成28年度新規追加予定施設
※岡山県の必須の研修施設のみ地図上に記載

2016年2月現在

アカデミックGP養成コース(博士課程)社会環境生命科学専攻 総合内科学

コース責任者:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科総合内科学 教授 大塚文男
専門科を超えた疾患に対応できる臨床と総合診療に関連した、地域の問題解決型臨床研究を行うコースです。総合診療医が、診療の現場で感じた個々の臨床的疑問をシーズに、基礎研究から臨床研究まで幅広く行うことが特徴です。臨床研究では、質的研究の成果を疫学モデルへと繋ぎ、プライマリ・ケア領域の課題解決へ向けた臨床研究を実際に行うことにより、総合診療におけるEBMを発信できる研究を目指しています。コア科目として、総合診療・臨床推論・感染症・緩和・東洋医学などを含む統合科目を設定し、横断的・統合的な研究・教育能力をもつ医師を育成するためのコースです。

※公衆衛生学(MPH)コース(修士課程)は下記の「インテンシブ総合診療医(GP)養成コース」をご覧ください。

インテンシブ総合診療医(GP)養成コース

GPインテンシブ研修プログラム

GPインテンシブ研修プログラムでは、受講者の声を元に、継続コースや新たなコースを開講している。
次年度以降の内容については、HPのお知らせ・活動報告ならびに当センターのFacebookで広報する。 また、メールでの受講案内もしており、興味のある方は、当センターへメールアドレスをご連絡ください。

継続コース

Intensive
course
CD/CM/講師 コース内容 目的
総合内科
(外来診療)
CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:片岡仁美・早稲田公一
指導医がバックアップにつき、外来初療を担当する。外来の回数は週1-5回の範囲で選ぶことが可能である。また、外来のフィードバックを行なう外来カンファレンスも併せて行なう。 初診外来で様々な主訴の患者さんの診療を経験することで、外来診療に必要な診断、マネジメントを身に付ける。
総合内科
(入院診療)
CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:花山宜久・木村耕介
週4日以上の勤務を前提とするが、事情によって調整は可能である。主治医チームの一員とし入院診療、カンファレンス参加などを行う。 内科の幅広い分野を総合的に学び、入院診療におけるマネジメントスキル、チーム医療の経験を深める。
Community
Medicine
CD:片岡仁美
CM:川畑智子
講師:加藤恒夫・片岡仁美
大学病院で週2回、地域医療機関で週2-3回などバランスよく診療を行なう。 大学病院と地域の医療機関の双方の外来診療を行い、初診外来とともに継続診療についてもバランス良い経験を積む。
上部消化管内視鏡
(応用)
CD:片岡仁美
講師:喜多雅英
光学診療部で週1回の上部内視鏡トレーニングを行う。 基礎編修了者対象。実際の内視鏡検査、処置、患者さんへの結果説明などを指導医と一緒に担当する。
地域救急 CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:飯田淳義
医療過疎地での救急研修コース。マンツーマン指導を基本とする。 最も近い高次救急病院まで90分以上かかる新見地域で「断らない救急」の実践とマンツーマン指導を行なっている。

終了コース

Intensive
course
CD/CM/講師 コース内容 目的
臨床感染症
(基礎)
CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:萩谷英大
2014年10月9日開講
2015年3月13日終了
全11回 延べ472名参加
医学部の講義ではまだ十分に扱われていない“実践的な臨床感染症”の知識を習得する。
臨床感染症
(応用)
CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:矢野晴美
2014年12月1日
21名参加
特別編(1回)
熱帯医学を中心としたケーススタディを行なう。
臨床感染症
(応用)
CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:萩谷英大・矢野晴美
2015年10月9日開講
2015年12月11日終了
全3回 延べ70名参加
東洋医学 CD:大塚文男
CM:片岡仁美
講師:植田圭吾
2014年12月4日開講
2015年2月19日終了
全5回 延べ70名
東洋医学のひとつである漢方医学を学ぶ機会を設ける。
小外科 CD:谷本光音
CM:片岡仁美
講師:伊野英男
2013年11月19日開講
全2回 延べ11名参加
復職者並びに「学び直し」希望者への外科処置キットを用いた縫合結紮シミュレーショントレーニング
上部消化管内視経
(基礎)
CD:片岡仁美
講師:喜多雅英
2013年11月9日開講
全4回 延べ24名参加
消化器領域に関する講義に加えて、Accu touchバーチャル内視鏡と胃のモデルでの内視鏡を組み合わせたシミュレーショントレーニングを行う。

公衆衛生学(MPH)コース(修士課程)MPH(Master of Public Health)コースご案内特設サイトはこちら

コース責任者:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科疫学・衛生学分野 教授 土居 弘幸
         岡山大学医療教育統合開発センターGIMセンター部門 教授 中瀬 克己

本コースは、超高齢社会の到来を踏まえて、地域の医療機関等と連携し、リサーチマインドとすぐれた臨床能力を有する総合診療医並びに医療・保健・福祉従事者を育成することを目的としています。欧米では、代表的な大学に公衆衛生大学院が設けられていますが、本コースは、公衆衛生大学院の国際標準である疫学、生物統計学、環境保健学、社会科学・行動科学方法論及び保健医療管理学の必須5分野を含む質的研究論等18科目を有しています。また、平成28年度には新規4科目(高齢者医療特論、地域包括ケア特論、地域包括ケア演習Ⅰ&Ⅱ)が追加されます。修了後には「修士(公衆衛生学)」(Master of Public Health)の学位が授与され、また中国四国では初めての公衆衛生学の専門コースです。
現在各地域においては、地域包括ケアの確立が大きな課題となっていますが、本コース修了者は、医療・保健・福祉従事者、行政マン、研究者等として、地域の医療、保健、福祉に貢献することをめざしています。コースは2年間です。

医学教育FDコース

コースディレクター:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科研究科長 谷本 光音
コースマネージャー(CM):岡山大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療人材育成講座 教授 片岡 仁美
コースオーガナイザー:岡山大学医療教育統合開発センター 副センター長 万代 康弘

目的

医療教育指導者として必要なスキルを獲得し、医療現場で実践できる能力を身に付ける。

受講者の到達目標

教育理論(主に成人学習と生涯学習)、双方方向性事業、フィードバック、シミュレーション教育、ノンテクニカルスキル、教育プログラム作成、評価法とポートフォリオについて理解を深め、実践できる。

ページトップへ